2015年03月25日

トワイライトのその後

こんばんは、つじたくです。

トワイライトが廃止されてからすこし経ちますが、
早速トワイライトの車両を活かした、寝台列車が山陽本線や山陰本線で
運行されると発表されました。
運行される路線では、九州・山陰ブルトレ廃止以来長大編成列車が走っていませんが、
久しぶりにこれらの路線に華のある列車が走りそうで楽しみです。

運行の具体的な時刻が発表されていないので、具体的な撮影地の選定はできませんが、
既に色々な候補があり楽しみです。

ただ、今度走るトワイライトは発表では、機関車・電源車を含めて9両編成なので
かつての山陽本線の定番ブルトレ撮影ポイントでは短くて不細工になることが想像されるので
9両編成が似合う、サイドを多く見せるポイントを選ぶものと思われます。
かつて、リバイバル「はと」が485系の9両編成だったので、あのイメージですね。

「浪漫鉄道」も見てね。
http://ec045074.wix.com/lovephotograph

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


posted by ツジタク at 23:34| Comment(0) | 撮影記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

トワイライト、ラストラン。

トワイライト、とうとうラストランしてしまいました。
これまで数々の関西ブルトレがなくなってしまいましたが、
これまで全部ラストランを見送ることなくここまできました。
意図的に避けていたのかもしれません。
でも、この列車だけは最後を見送ってあげたいと思いました。
「最後を、どこで見送ろうか?」
大阪近辺は絶対人が多い、できることならひっそりと別れを告げたい。
ラストランは、編成全部が綺麗に写って、しかも屋根が見えるように撮影したいと思いました。
ブルトレの始祖、20系から始まった固定編成により、屋根部の統一がされており、屋根を写すことで寝台列車の編成の美しさを表現できると考えたです。
そう思って選んだ場所は、2000年に友人からもらった「特急大図鑑」に
載っていた写真のポイント。15年間ずっと撮りに行きたかったポイントです。
有名な敦賀〜新疋田間にあって、ほとんど見たことのない撮影ポイント。あまり知られていないポイント(そもそもなんでこの写真がこの区間で撮影されたってわかったんだろう?もはや覚えていない)だから人も少ないはず!!
そうは行っても、ラストラン。すべての撮影地が溢れているとも考えられるので、始発で乗り込みます。
新疋田の駅に降り立つと、予想に反してほとんど誰もいない。とりあえず、ポイントに向けて歩き出します。30分以上歩き、途中で迷い、山道を迂回して、やっとこさポイントの跨線橋に到着しました。
既に一名来られてましたが、やはりほとんど知られていないポイントのようです。
ラストラン通過まで3時間。初めての撮影地で構図、露出を決定するのに決して早すぎることはない。事前にやってくる列車を撮影してみるが、編成の長さでベストアングルが変わるため、11両編成のトワイライトのベストアングルに悩む。
太陽が出たり、曇ったりを頻繁に繰り返すため、そのたびに露出を変えてはテスト撮影を繰り返す。
その内に、この日の警戒のために、保線作業の服を着たJRの社員さんが巡回に来られて、注意書きを書いた紙を撮影者に手渡してくれました。
これは、ラストランの乗車証明書ならぬ「撮影証明書」。大事に保管しておきたい。
構図、露出を最終決定したのは、トワイライトの直前のサンダーバード。
12両編成で来てくれたおかげで、構図が決まった。もし、12両で来なかったら失敗していたかも。つくづく、鉄道写真の神様に愛されていると思う。
そして、11時2分。
やってきた、緑の機関車が見えた時、体が緊張して、すべての音が消えた。
シャッターを連写する音、機関車の唸る音、客車のジョイント音、電源車の音、一瞬ですべてが終わった。モニターで結果を確認、よかった露出ミスも、ブレもなくラストランを収めることができた。感無量。
こうして、静かにトワイライトのラストランを見送ることができました。
_MG_2551.JPG

ラストラン他のトワイライトの作品も発表しています。
http://ec045074.wix.com/lovephotograph

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
posted by ツジタク at 23:19| Comment(0) | 撮影記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

北海道撮影旅行への準備 〜シューズを選ぶ〜

こんばんは、つじたくです。

年末の北海道旅行に向けて、少しずつ極寒使用のウェアを準備していこうかと思っています。
まずは、シューズを買うことにしました。
これは、冬用だけでなく鉄道写真を撮影する際の普段使いとして使用も想定しています。
俯瞰撮影など山登りでも使いたいし、使い込むことで慣らすという意味合いでも、まずシューズを用意しました。

で、会社の近くにモンベルの直営店があるので、そこで店員さんと相談してみました。
一口に冬用のシューズといっても色々あります。最近はゴアテックスという素材を使った商品が多数販売されています。ゴアテックスは防水性と透湿性を両立した素材で水蒸気は通すけど、雨は通さないという素材です。
店員さんにと相談する際に、「旅と鉄道」誌で冬の撮影装備という記事を読んでいたので、ゴアテックス製品を検討していると伝えると、写真撮影の場合は、同じところに何時間も張り付いてじっとしていることが多いので、通気性より保温性を重視した素材を選んだ方がよい、とのことでした。
雪山登山など、体を動かして非常に汗をかく場合は通気性を重視したゴアテックスが役立つそうです。
そこで、選んだのが「ネージュウォーカー」です。保温性に優れた素材で作られたシューズです。

「浪漫鉄道」で作品を公開しています。
http://ec045074.wix.com/lovephotograph








【送料無料】 モンベル ネージュウォーカー M’S タン 1129327



価格:
11,108円


(2015/03/06 10:16時点 )










【新品】【本】旅と鉄道



価格:
1,000円


(2015/03/06 10:18時点 )



posted by ツジタク at 20:00| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。